安全への取り組み

私たちは、「安全」こそ最大の顧客満足と捉え、社員一丸となって安全への取り組みを行っています。

当社は社会と共存する物流企業の一員として、「安全」を事業活動の最優先事項とすることはもちろんのこと、「安全は最大の顧客満足」と考え、社員一丸となって日々安全への取り組みを行っています。
そして、その取り組みは一過性な取り組みとして終わることなく、サステイナブル(持続可能)な視点でとらていくことこそが最も重要であるとも認識しています。
交通事故を未然に防ぐには、基盤となる体制づくりが不可欠です。トータル・ワークスでは、安全を最優先に考え、交通事故ゼロを目指した体制づくりに努めています。

Gマーク取得

安全性優良事業所認定 (Gマーク)全国貨Gマークはトラック運送事業者の安全・安心・信頼のマークです。
わたしたちたちトータル・ワークスは、全日本トラック協会による安全性の指標である安全性優良事業所認定(通称 Gマーク)を取得しています。
物自動車運送適正化事業実施機関である社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
安全性優良事業所認定 (Gマーク)とは、この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

運輸安全マネジメントへの取り組み

国土交通省の運輸安全マネジメント制度は、企業の品質管理の自己評価基準であるISO9000シリーズを参考に、事故の防止を目的とした安全管理体制の構築と、輸送の安全の確保のための継続的取り組みを定めた制度です。
トータル・ワークスでは、これを積極的に遵守し、運輸安全マネジメントに関する活動内容を当サイトにて随時公開しています。
また、事故報告に関する社内規程を制定し、細かな事故についても記録、分析を継続することで、的確な事故対応と、将来の事故の防止に資する取り組みを実施しています。

「運輸安全ネジメント」の詳細はこちら

具体的な活動内容

安全運転講習・安全会議の実施

安全運転講習・安全会議の実施トータル・ワークスでは、定期的に損害保険会社の外部講師を招き安全会議や安全運転講習を実施しています。
また、ドライバー同士が頻繁にミーティングを開き、輸送と安全に関する議題の共有し、安全運転に対する意識と技術のより一層の向上に努めております。

車両点検及び整備の徹底

ドライバーによる点検・整備を徹底することで、故障による事故を未然に防ぎ、常に万全な運行体制を敷いています。

ドライバーの健康管理

事故防止には乗務員の健康管理も重要なファクターです。
トータル・ワークスでは、定期的にドライバーの健康診断を実施し、常に健康状態を管理しております。

 

 

 

会社案内PDF

会社案内PDF